癌治療情報センター 治療方法 手術による治療

治療方法

手術による治療法の効果とリスク

■メリット

手術による治療法の効果(メリット)としては、がんが他の臓器や組織への転移がない初期の段階であれば、手術はたいへん効果的な治療方法とされています。

■リスク(デメリット)

手術前の画像診断の精度の高まりや、医師の手術技術の進歩によって、手術のリスクは年々減少しているといわれています。

ただし、内視鏡器具による鏡視下手術の中には、手術中の視野が限られ、熟練した医師の技術が必要になるものもあり、一般的な開腹手術に比べてリスクを伴うこともあります。

●手術による治療法とは

手術による治療法は、がんの三大療法の中で最も古くから行われてきました。

がんの病巣を直接切除するため、がんが他の臓器や組織に転移していない初期の段階では、三大療法の中で最も効果的な治療法ともいわれています。

ただし、たとえ初期のがんであっても、切除が難しい場所にがんがあったり、切除すると必要な臓器の機能が失われてしまったりするような場合は、手術以外の治療法が選択されることがあります。がんの種類や進行度など、場合によっては外科療法だけでなく、放射線治療や抗がん剤治療を並行して行われることもあります。

手術による治療法は、がんを切除する範囲によって「標準手術」「拡大手術」「縮小手術」と大きく分けることができます。

標準手術

がんの切除を一定範囲にとどめる手術

拡大手術

がんの周囲の組織や臓器も含めて、広範囲に切除する手術

縮小手術

がんを切除する範囲をできるだけ最小限にとどめる手術

 

また、手術の方法としては、身体をメスで切って行う一般的な手術に加えて、内視鏡器具を使用した「鏡視下手術」も行われています。鏡視下手術は、例えば腹部のがんの場合は開腹をせず、お腹に開けた数箇所の穴から内視鏡器具を差込み、がん病巣を切除するという方法です。

癌の三大療法
  • 抗がん剤治療
  • 手術による治療
  • 放射線治療
統合医療
  • 温熱療法
  • 免疫療法
  • 代替療法
  • その他の先端医療
フリーワード検索