癌治療情報センター 治療方法 ●IMRT(強度変調放射線治療)とは

治療方法

●IMRT(強度変調放射線治療)とは

IMRT(強度変調放射線治療)は、放射線療法の一つです。最新のテクノロジーを駆使することで、がん病巣の形に合わせて必要な放射線量を集中的に照射することができる治療法で、健康保険が適用されています。

これまでの放射線治療はがん病巣をピンポイントで狙うことができなかったため、がんを殺すために十分な量の放射線をあてようとすると、近くにある正常細胞にも少なからず影響を与え、副作用を起こす恐れがありました。

がんを殺すために理想的な照射ができないというこれまでも放射線療法の課題を解決したのが、IMRTです。

IMRTは、一つではなく複数の放射線ビームを組み合わせることで放射線に強弱をつけ、がんの形に凹凸があってもその形に合わせて集中的に必要な量の放射線を照射することができます。正常な細胞への影響も減らせるため、副作用を防ぎながら放射線療法の治療効果を高めることができるといわれています。

<IMRT(強度変調放射線治療)の効果(メリット)>

転移がん、血液・骨髄などすべてのがんに適用できる

IMRTは全身に照射することができるため、がんが他の臓器や組織など全身に転移している状態でも一度の照射で治療を行うことができます。また、白血病や悪性リンパ腫など血液や骨髄のがんについても用いることができます。

<IMRT(強度変調放射線治療)の副作用(リスク)>

より正確にがん組織にのみ放射線が照射され、正常な細胞への影響が抑えられるほど、副作用の心配も少なくなります。IMRTでは放射線を照射する前に、専用のコンピュータでがん病変の位置や形状を正確に計り、照射する放射線量を計算して行います。この誤差が少ないほど副作用も軽減されることになりますが、ケースによって異なります。

癌の三大療法
  • 抗がん剤治療
  • 手術による治療
  • 放射線治療
統合医療
  • 温熱療法
  • 免疫療法
  • 代替療法
  • その他の先端医療
フリーワード検索