癌治療情報センター 治療方法 手術による治療法の効果とリスク

治療方法

手術による治療法の効果とリスク

■メリット

手術による治療法の効果(メリット)としては、がんが他の臓器や組織への転移がない初期の段階であれば、手術はたいへん効果的な治療方法とされています。

■リスク(デメリット)

手術前の画像診断の精度の高まりや、医師の手術技術の進歩によって、手術のリスクは年々減少しているといわれています。

ただし、内視鏡器具による鏡視下手術の中には、手術中の視野が限られ、熟練した医師の技術が必要になるものもあり、一般的な開腹手術に比べてリスクを伴うこともあります。

癌の三大療法
  • 抗がん剤治療
  • 手術による治療
  • 放射線治療
統合医療
  • 温熱療法
  • 免疫療法
  • 代替療法
  • その他の先端医療
フリーワード検索